MENU
クリニックのご案内

検査機器の紹介

検査機器の紹介

[イメージ]

緑内障診断・治療をいれています

網膜疾患の治療に役立つ最新鋭の眼圧検査装置を導入

当院で使用の「緑内障視野計(ハンフリー視野計&FDT)」や 新たに導入した「光干渉断層計(OCT)」はドイツCarl Zeiss(カール・ツアイス)社の高性能光学機器です。
眼科機器の中では、豊富なデータ蓄積による解析力の良さで、精度の高いグローバルスタンダードモデルです。
当院は今後も最先端、一流の機器を導入し、患者様の診療のお役に立ちたいと考えております。

光干渉断層計(OCT)

どんなことをするの?

[イメージ]

OCT検査はアゴと額を固定し機械の中をのぞくだけのごく簡単な検査です。 検査にかかる時間は、眼底カメラとほとんど変わらず、数秒以内で終了し、 眼の負担も少なく検査を受けていただけます。

なにがわかりますか?

主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。 これまでの眼底検査に使用されていた眼底カメラとの違いは、 眼底カメラが網膜表面の状態を撮影するのに対して、 OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定できることです。 OCTにより、肉眼的観察では認められなかった、 微細な浮腫や視神経線維の減少などの異常や変化もわかるようになりました。 そのため、加齢性黄斑変性症や糖尿病性網膜症などの網膜の病気や緑内障に対する診療にとても有用です。

オートレフケラトメーター

どんなことをするの?

[イメージ]

中に見える景色の絵をまっすぐ見ていていただく間に目の屈折を測ります。

なにがわかりますか?

近視、遠視、乱視がどの程度あるのか、角膜のカーブの状態をみます。
このデータを考慮しながら視力検査を行います。
視力検査では少ないレンズ度数で一番視力の良く出る状態を「視力」として重要視します。
また、このオートレフケラトメーターはコンタクトレンズ処方時に必要な、 角膜のカーブを測ることが出来、レンズのカーブを決めるためにも使用します。

ノンコンタクトトノメーター

どんなことをするの?

[イメージ]

目に空気をあてて眼圧を測ります。

なにがわかりますか?

眼球内の圧(眼圧)を測定できます。
眼球内の水の循環が障害されると眼球内に房水がたまり、眼圧が高くなります。
正常値は10~21mmHgです。
眼圧を測定するにはこのノンコンタクトトノメーター以外にも 眼科医が直接測定するアプラネーション式のものもあります。

眼底カメラ

どんなことをするの?

[イメージ]

目の奥(網膜)の写真をとります。フラッシュが光ります。

なにがわかりますか?

眼底疾患の診断、治療や病状の経過判定にとても重要です。
当院はコンピュータ内蔵のデジタルカメラですので、 写真を撮ったその場で画像をお見せすることが出来ます。 また病状によって行う造影検査も結果をすぐにお見せすることが出来るようになりました。

ハンフリー視野計

どんなことをするの?

[イメージ]

一点を見たままで周りに出る小さな光が見えたらスイッチを押していただきます。

なにがわかりますか?

見える範囲(視野)の中に見づらい部分が無いかを調べることが出来ます。
初期の緑内障の発見や緑内障の経過観察、 また、脳外科病変(脳梗塞や腫瘍など)の検出が可能です。 当院に設置してあるハンフリー視野計は いくつかある視野計の中でも緑内障の視野変化をみるのにもっともスタンダードな指標となるものです。

ハンフリーFDTスクリーナー

どんなことをするの?

[イメージ]

まず器械の前の椅子に座って『応答ボタン』を持っていただき、 額当てに額を付けていただきます。 中央に黒い点が一つありますので,それを見ていていただきます。 画面のあちこちで時々"ブルブル揺れる"あるいは"チラチラ震える"のが解りましたら 手に持っているボタンを押していただきます。
器械の特徴としては何と言っても検査が短時間だということです。 通常片眼で1~2分程度で済みます。

なにがわかりますか?

機能障害を調べる検査の一つが視野検査ですが、 眼の神経には大きく分けて色・形・視力にかかわる細胞と、 物の動き・ちらつきなどにかかわる細胞があります。 この視野計は眼の神経の中で"ちらつき"に反応する神経細胞を主に調べます。 これにより視野欠損などの障害を短時間で検査することができます。

緑内障疫学調査では簡易視野検査として用いられ、威力を発揮してきました。 自覚がなくてもすでにこの検査にて、視野欠損が発見されています。

ワック

どんなことをするの?

[イメージ]

前後に動くカラー立体写真を5分間見ていただきます。

なにがわかりますか?

ワックの機械をのぞくことにより長時間緊張しつづけた目の中の筋肉(毛様筋など)が 適度な運動をすることにより、目のストレッチになります。
初期の近視の方に見ていただいています。

先頭に戻る
公センセの部屋
最新情報